複数のキャッシング会社から借り入れた場合のおまとめローンとは

あなたが複数社からキャッシングの借入をしており、延滞などの事故がない場合には、複数社からであっても融資が可能になる場合があります。その場合に見られる情報は国内に3機関あると言われている信用情報機関で見られます。そしてその信用情報は、融資の申し込みがあった場合に、どの金融機関でも情報が閲覧できるようになっており、過去の借入履歴や現在の借入履歴、そして複数社の借入も見られますが、複数社同時申し込みをすることは可能です。

 

ただ、その場合に気をつけたいことがあります。それは「総量規制」と「信用情報」です。先程も申し上げたように、信用情報機関であなたの借入履歴はすべて見られていますから、これまでに返済を延滞したことがあるなどの事故があったとしたら、ローンを申し込んだりクレジットカードを新しく発行することが難しくなります。

 

総量規制は貸金業規制法で新たに定められた制度であり、年収の3分の1を超える金額を貸しつけてはいけないという決まりができました。すでに複数社から借入をしている場合、新たに融資を申し込んでも総量規制の制限があり、新たな借り入れができなくなることもありますので注意が必要です。しかし銀行系のカードローンが行う審査については総量規制の対象外となります。

 

複数社の借り入れを可能にするのは、やはり返済能力に尽きるのです。金融機関の情報はスコアリングシステムというシステムで管理されており、個人の返済能力を点数で評価しています。この点数で融資可能かどうかの判断がなされるのです。

おまとめローンとは?

近年、複数社からの借り入れを一本にまとめる「おまとめローン」をどのキャッシング会社も採用しています。これは複数社から借り入れをしている人を対象に、他の一社に借金をまとめることで、借金の返済を楽にし、返済を早くするという目的があります。カードローンをしていて複数社から借り入れをするというケースはあまりないかもしれませんが、借金を返すためにまた新たなキャッシング会社から借りてしまったりと、多重債務に陥ってしまうケースが跡を絶ちません。ですからこうったおまとめローンが出てきたのです。

 

おまとめローンの概要は以下のとおりです。

 

  • 複数のキャッシング会社から借りているお金を統一して、返済先を一本にまとめたい
  • 複数社への支払い手数料を抑えたり

 

という目的の他にも、複数社返済日をひとつにして分かりやすくしたいなど、さまざまなメリットがあります。

 

ローンの手数料というのは、自分が借りたお金(元金)の利息を払う方法が一般的となります。ですので、いくつもの会社からキャッシングをしてしまえば、手数料もその分、膨れ上がってしまい、手数料だけでいっぱいいっぱいになってしまいます。一社から借り入れしていればひとつで済む手数料ですが、複数社の手数料だけで多額の支払いになってしまっては元も子もありません。

 

複数社借り入れで遅延をしてしまえば、管理は一気に難しくなります。遅延金を請求されるばかりか、延滞事故ということでキャッシングの履歴にも傷がついてしまいます。そうしたダメージを回避するためにも、複数社の借り入れはできるだけせず、延滞もしないで、もし苦しくなりつつあるならば、おまとめローンも考慮して使ってみるのも一つの手です。

 

  • 複数社の借り入れでも信用情報に傷をつけてはならない!
  • 自転車操業をせず、借金をまとめる「おまとめローン」なども考慮に入れよう!
  • 借金を一本化することで金利も下がり、返済日や手数料もまとめられる!

 

まとめ

キャッシングで苦しい思いをしている方というのは、どうしても複数社の借り入れを行ってしまい、多重債務者になる危険性が含まれています。必要なキャッシングであったとしても、安易にキャッシングをくり返すと、後々、債務の返済でかなり困ることになりますので、限度額を増額してみたり、おまとめローンを利用して借金を一本化する方法を探るべきです。

カードローンの限度枠を使い切った場合

カードローンに申込んだ当初は利用限度額が小さいため、知らないうちに限度枠を使い切ってしまうことが少なくありません。当然、借入額が利用限度額の上限になったら、新たな借入をすることができません。そこで、別の業者のカードローンへの申込ということも一つの策ではありますが、カードローンを複数持つことは返済における信用面でマイナスになることもあるため、できる限り控えた方が得策です。

 

利用限度額のアップの依頼

利用限度額を設定された場合はその範囲内での利用が基本になりますが、仮に、長期間にわたってカードローンを利用していた場合は、利用限度額のアップを依頼すると増額されることがあります。当然、アップを依頼する前提として、返済における滞納は全くしていない、継続的な借入をして業者の利益に貢献していることが必要です。その実績があるのなら、交渉してみる余地は充分にあります。あわてて他社のカードローンに申込むよりは賢明と言えます。

 

おまとめローンの利用

また、すでに複数のカードローンを利用している場合は、「おまとめローン」に借り換えるという手もあります。おまとめローンの場合は複数のカードローンを一つにまとめるために借入額が大きくなることから、金利が低くなって返済が楽になるというメリットを得られます。また、おまとめローンは総量規制の例外扱いとなっているため、年収の3分の1を超える借入も可能です。ただし、基本的におまとめローンというのは借入額を返済するためのローンであるため、一部の業者を除いて追加の借入のできないのが一般的です。いずれにしても、消費者金融では総量規制によって年収の3分の1を超える貸出はできませんし、銀行においても貸出可能な金額は年収の3分の1というのが基本ラインになっています。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日