返済遅延・延滞などのトラブルはキャッシング履歴として残る

「ブラックリスト」って?

わたしたちが金融機関からお金を借りたり・分割払いを利用したりした場合、その履歴が記録されることはご存知でしょうか?そうした履歴は、すべて「信用情報機関」にまとめて登録・記録され、会員となっている会社(主に割賦販売・ローンなどを提供する金融機関)で共有されているのです。

 

わたしたちが借入をする際に受ける“審査”…その際の主な判断基準にも、この「信用情報機関」に記録された情報が利用されています。「信用情報機関」に記録されるのは、申込・契約日時・利用額だけではありません。借入において返済遅延・延滞などのトラブルを起こせば、そうした履歴もすべて記録されてしまうので要注意。

 

なお、こうした“マイナス履歴”が残ることを、俗に「ブラックリストに載る」と呼びます。よく「ブラックリストに載ると借入できなくなる」と耳にすることがありますが、なにも「ブラックリスト」という名のリスト(借入などにおいてトラブルを起こした人物をまとめたリスト)が存在するわけではありません。

 

ただ、(そうしたリストは存在しませんが)利用状況が記録されるのは事実。借入等に関する履歴はすべて「信用情報機関」に履歴として残され、万一トラブルを起こせばその情報もしっかり記録されて金融機関すべてに知られることになってしまうのです(これを俗に「ブラックリストに載る」と呼ぶ)。

 

「信用情報機関」にトラブル(事故記録)として残される情報とは?

現在、日本で国から認可されている情報機関は3つ(「日本信用情報機構」「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」)です。その3つは基本個別に情報管理を行っていますが、“事故情報”(ブラックリスト)は例外。“事故情報”は基本的に共有され、金融機関が借入希望者の審査をする際などに利用されています。

 

なお、その“事故情報”に当たるのは…「クレジットカードを利用した際などの不払い記録」「携帯電話の割賦金不払い記録」「奨学金等の返済遅れ」「借入金の返済遅延」といった記録です。こうした事故情報が記録されてしまうと、あなたの“信用”は低下。次回の借入に悪影響が及びかねません。借入をしようと審査を受けたら…、「信用情報機関に過去の借入における返済遅延の履歴があるため融資対象者として認められない」などと、融資を拒否される恐れがあるのです。

 

「じゃあ、一回失敗したら永遠に借入がスムーズにいかなくなるの?」と不安になった方も多いはず…。でも、その心配は必要ありません。この事故記録は永遠に残るものではなく一定時間が経過すると消されるため、信用を回復することは可能ですよ。とはいえ、自分の信用にキズをつけるのは避けたいところ。きちんとルールを守って借入・返済を行い、万一スケジュール通りに返済できない場合には早めに貸手側に相談をし、事故扱いにならないように対処していきましょう。

 

  • 「ブラックリスト」というリストがあるわけではない
  • とはいえ“事故情報”は記録・共有されるので要注意
  • 借入に限らず携帯料金の滞納なども“事故情報”扱い

 

まとめ

いわゆる「ブラックリスト」は存在しません。ですが、事故情報は記録・共有されています。事故情報があると(信用度が低いと判断され)融資が拒否されることも……。そのため、くれぐれも事故情報を残さないよう、ルールを守って借入・返済を行うようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日