手数料としての利息が発生しない

どうして無利息期間があるのか?

キャッシングでは、お金を借入したら、かならず手数料として利息もを支払わなければいけません。利用者としては、金利が低ければ低いほど返済コストが下がっていくので、もちろんそちらを選びたいところです。

 

じつは、キャッシングが広く普及した現在では、サービス提供者側としても、数多くの同業者のなかから、少しでも多くの顧客に自社を選んでもらいたいと考えています。そこで考え出された新しいサービスが、キャッシングに無利息期間を設けることだったのです。

 

その期間は文字通り手数料としての利息が発生しないので、利用者にとってはとても大きなコスト削減となります。利用者にしてみれば、そのような業者のキャッシングはどんどん利用していきたいと思いますし、さらに無利息期間が長い業者はないかと思うようになるでしょう。無利息期間というのは、このように少しでも多くの顧客を獲得したいという業者側の思惑と、少しでも安く借入したいという利用者側の思惑が一致して生まれたサービスなのです。

 

すぐに返せるなら絶対お得です!無利息期間ありのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

無利息期間にはどのような方式があるのか?

では、実際にはどのような無利息期間が設けられているのでしょうか。ほとんどの業者では、基本的に次の2パターンに分けられる方式を採用しているようです。

 

初回利用時に無利息期間を設ける

初めてキャッシングを利用する顧客に対して、無利息期間を設けるという方式です。特に初めて利用する場合は何かと分からないことも多いので、返済も遅れがちになります。そんな利用者のために、期間を日数で表示する業者も多いようです。
この方式では、平均するとだいたい1ヶ月程度の無利息期間となります。

 

条件を満たした利用者に無利息期間を設ける

キャッシング会社の会員になったり、利用年数を重ねることで得られるボーナスとして、無利息期間を設けている方式もあります。借入金額が少ない場合には、180日という長期間に渡る無利息期間が利用できることもあり、利用者が自分の意志で選ぶことができるのが特徴です。もちろん、この2つに当てはまらない独自の方法を行っている業者もあるので、よりお得なところはどこか、自分で探してみるのもよいでしょう。利用者が、さまざまなサービスのなかから自分に合ったものを選択できるのがキャッシングの良いところです。より良いサービスを選んで、キャッシングをうまく使いこなしていきましょう。

 

  • 無利息期間は業者によってさまざま!
  • 1ヶ月以上の長い無利息期間もある!
  • 返済計画に合わせて選ぼう!

 

キャッシングはだらだら続けない

今や、テレビでキャッシングのCMを見かけない日はないといってもよいほど、多くの広告が出されています。業者側としても、それほど顧客を獲得したいという気持ちがあることの表れで、無利息期間というのは、まさにそのような背景から生まれたサービスです。といっても、初回利用時だけの場合、2回目以降は当然無利息ではなくなるので気をつけてください。業者としてもそこからが利益となるので、できればキャッシングは1度きりできっぱり終えられるのが理想といえるでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日