キャッシング業者によって手数料が変わることを知っておこう

キャッシング会社で借り入れをすると、金利手数料とういものが発生します。言わばお金に対するレンタル料の様なもので、長く借りる程金利手数料は高くなります。キャッシングをする際にまず気にするのはどれくらいの金利になるのかという点です。
借入をするならばなるべく金利手数料を安くしたいと思う人が多く、色々なキャッシング業者を比較検討するものです。金利手数料というのはキャッシング会社によって違うものですが、現在ではどこの業者でもあまり大きな違いはないというのが現状です。それでも少しでも金利手数料を安したいと思う人にとって良い方法があります。それはそれぞれのキャッシング会社が設けている特典を利用するとうい方法です。

 

キャッシング会社は今や競争が激化していて、それぞれの業者で利用者を増やそうと戦略を練っています。その戦略の一つとして設けられているのが特典なのです。キャッシング会社により様々な特典がありますので、自分に合った特典を用意している業者を選ぶと良いでしょう。インターネット上には各社の特典をまとめて比較したサイトもありますので、一度確認しておくのがお勧めです。

 

自分が利用し易い特典を選ぶのがコツ

最近ではキャッシング会社の運営もインターネットによるところが大きく、特典の種類も幅広くなってきています。利用者にとって嬉しいのは利用日数や金利手数料に関する特典で、それぞれの業者ごとに特色があります。特典の種類は以下の二つが主流となっていて、自分が利用し易い特典でキャッシング会社を選びましょう。

 

初回利用時限定で、一定期間金利手数料が無料になる特典

初めてキャッシング利用する人に限り、一定期間金利手数料が無料になるという特典を用意している業者があります。初回借入をした日から定められた日数分だけ金利手数料が無料となり、その期間内に返済をすれば金利手数料を支払わなくても良いことになります。無料となる日数は業者により変わりますが、中には無料期間が30日という特徴をPRしている業者もあります。

 

利用日数に応じて無料期間が与えられる特典

キャッシングを利用して無事に完済できた際に、利用日数などの条件に応じて金利の無料期間が与えられるという特典もあります。継続して利用している人が得をするというシステムで、キャッシング会社としてはリピーターを確保する狙いがあります。利用日数や回数などに応じて金利無料期間が与えられるので、上手に運用できる人にはピッタリの特典です。

 

おわりに

現在では、キャッシング会社の金利は各社で大きな差はありません。そこで金利を安くしたいと思ったら、特典としての無利息サービスを利用するのが賢い方法です。初回利用時限定ですが、30日間金利手数料が無料というキャッシング会社も増えています。但し消費者金融系の業者の金利は銀行より高めに設定されていますので、30日を過ぎた場合や長期で借り入れをする人は注意しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日