金融事故として記録され借り入れの審査に影響する

キャッシングの返済が滞る事はあってはならないのが原則です。ですが、返済日を忘れていたり、返済金が用意できなかたりして借金を滞納してしまう事があります。

 

理由はどうあれ、期日までに支払う事が出来ないのであれば、その旨を必ず連絡しましょう。延滞が発生すると、督促通知が郵送される場合が多いですが、電話が来る場合もあります。ただし、延滞の連絡を入れたかどうかにかかわらず、一度でも支払いが滞ると金融事故扱いになります。

 

金融事故とは

銀行、消費者金融、クレジットカードなどで借りたお金の返済が遅れると金融事故になります。その情報は信用情報機関に報告され、金融事故として記録されます。

 

信用情報機関はいくつかありますが、借り入れの審査の際は必ずそれらの機関に照会します。この事をよく「ブラックリストに載る」という表現で耳にする事がありますが、実際はそのようなリストはありません。

 

金融事故になるとどのような事になるのか

一度金融事故情報が記録されてしまうと、5年ぐらいの間はその情報が保有されます。その後に借り入れを行おうとした時に必ず審査が入り、信用情報を調査されます。

 

そこで事故情報があると審査には通らないという事になってしまうのです。

 

一度でも延滞すると事故扱いになってしまうのか

これに関しては、金融機関の裁量にもよりますが、3か月以上の延滞で登録される場合が多いとの事です。仮に登録された場合、一生涯その情報が残ってしまうわけではありませんが、消えるまでには数年を要します。

 

自分の信用情報を知る事は可能か

信用情報は、本人と本人から委任された代理人であれば閲覧する事が可能です。各情報機関に申込みをすると、有料でインターネットでも閲覧できますし、郵送で確認する事も可能です。

 

延滞後のキャッシング

支払い期限が過ぎてしまったら、キャッシングは一旦出来なくなります。3か月間、期日までにしっかりと返済をした実績が出来てからの利用再開になります。

 

延滞すると、遅延損害金が発生します。遅れた日数分だけ損害金がかかりますので、なるべく早くに返済する事が重要です。どの金融機関も損害金利の利率はおおむね20%となっています。

 

まずは返済の意思がきちんとある旨を伝える事がとても大事ですので、必ず連絡はしましょう。きちんと認可を受けて営業している金融機関であれば、厳しい取り立てが来る事はありません。何より、返済はきちんと行うという事が借金の大前提です。

 

延滞のリスクは大きい

以上の事を考えると、キャッシングなどの借金の延滞リスクはとても大きいと言えます。数年前に何気なく借りたお金をついつい延滞してしまったせいで、その後に家や車を購入しようとしたら、過去の事故情報が引っかかって融資を受けられなかったなどという事が起こり得ます。

 

そうなると、人生設計そのものが狂ってしまいかねません。そのような事にならない為にも、キャッシングの利用の際はきちんと返済をするように心がけましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日