キャッシングの審査では信用情報が非常に重要

キャッシングの審査においては、信用情報という情報が非常に重視されています。信用情報というのはこれまでの金融商品の利用履歴を記録した情報のことで、この内容を見てお金を融資しても大丈夫な人物であるかが判断されるのです。信用情報にはクレジットカードの利用歴やキャッシングの利用状況等が記録され、今後の金融商品の審査に影響を及ぼすことになります。

 

信用情報を扱う機関はいくつかあり、キャッシングの申し込みが行われた際には、各キャッシング会社が信用情報機関と呼ばれるこれらの機関から情報を取り出して審査の参考にします。その為過去の情報は様々なキャッシング会社で共有されることになり、申し込みの際の申告内容と信用情報に相違があると審査に通過できなくなってしまう場合もあるので、注意が必要です。基本的には、過去の延滞等がなく現在の借り入れが少なければ、信用情報の内容にそれほど神経質になる必要はありません。

 

信用情報が綺麗だと表現されるのはどういう状態?

キャッシングの審査では、信用情報が綺麗であることが最も理想的だとされています。綺麗な信用情報というのはどういう状態のことを指すのでしょうか。一般的に信用情報が綺麗だと表現されるのは、以下のポイントを抑えている場合です。

 

  1. 過去2年間に返済の延滞等が生じていない
  2. 過去5年間の無事故
  3. 他社からの借り入れがない、或いは少額
  4. 長期間の優良な利用実績がある

 

これらのポイントを一つずつ見ていきましょう。

 

過去2年間に返済の延滞等が生じていない

過去2年間に延滞等を起こしていると、信用情報にもその情報が残されてしまっています。といってもうっかり1日返済が遅れてしまったという程度の遅延ならそれほど心配する必要はありません。しかし長期間の延滞や何度も延滞をしてしまった場合には、延滞履歴として信用情報に残されてしまうのです。延滞履歴として記録される返済遅延のボーダーラインは、キャッシング会社によっても違いがあります。これまでに少しでも心当たりがある場合は、一度信用情報機関に問い合わせて情報の開示を受けておいた方が良いかもしれません。

 

過去5年間の無事故

キャッシングの悪質な利用や強制的な解約などの情報は一般的な信用情報と異なり、5年間保持されます。これらの事故情報が信用情報に残っている場合、キャッシングの審査には通過できないと思っておいた方が良いでしょう。しかし国内にはいくつかの信用情報機関があるので、事故情報が残されている信用情報機関とは異なる機関を利用しているキャッシング会社なら審査に通過出来る可能性はあります。

 

他社からの借り入れがない、或いは借り入れ金額が少額

理想的なのは、他社からの借り入れが全くない状態です。しかし仮に他社からお金を借りていても、少額の借り入れなら基本的に問題視される心配はありません。

 

長期間の優良な利用実績がある

前項と相反すると感じるかもしれませんが、他社からの借り入れがある場合でも、長期間に渡って優良な利用実績を積み重ねている場合は、これがプラスに働くケースがあります。というのも、他社からの借り入れ経験がない利用者は、キャッシング会社にとっては返済実績を持たない人物であると判断されるのです。それに対し他社で長期間の優良な利用実績を持っている場合、きちんと返済している優良な顧客であると判断されます。

 

このように以上の4つのポイントを抑えている信用情報は、綺麗な信用情報だと称されます。これまでの生活の中で関与した金融商品の利用がどのように記録されているかは、信用情報機関に情報開示請求を行うことで確認することが可能です。

 

  • 信用情報には過去数年間の金融商品の利用情報が残されている
  • 他社からの借り入れも長期間の優良利用歴として役立つことがある
  • 信用情報の状態が気になるなら情報開示請求をして確認を

 

キャッシング審査に役立つ信用情報である為に

キャッシングの審査で信用情報が悪影響をもたらさないようにするには、できるだけクリアな情報を維持することが大切です。他社から融資を受けた場合はきちんと定期的な返済を行い、ポジティブな影響をもたらす情報に作り替えていくように心がけましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日