在籍確認方法については事前に相談しておく

職場への在籍確認

キャッシングの審査では、申し込みをするとまず職場への在籍確認があります。通常は電話で行われる在籍確認ですが、これは必ず行わなければならない事です。職場へ電話をかけて来た際に、銀行カードローンの審査の場合は銀行名を名乗りますが、消費者金融は社名を名乗る事はありません。

 

消費者金融の場合は電話番号が非通知で、名乗る時もオペレーターの個人名での電話になり、どのような用件かを伝えるわけではなく申込者がいるかいないかの確認だけになります。もしいればそこで電話に代わる事になるでしょうし、いなければ電話に出た人が今○○はいませんというような形での返答をしてくれていれば在籍と判断してもらえるでしょう。

 

職場にキャッシング会社から直接電話が来る事に対して、抵抗があったり不安に思うかもしれませんが、もし外部からの電話が頻繁にかかってくるような職場であれば、数ある電話のうちの一つとして誰も気がつかないでしょう。個人名でかかってくる電話ですが、同じくキャッシングを利用した事がある人ならばなんとなく感づく可能性はありますので、100%気づかれないという保証はありません。

 

個人宛の電話がまずかかってこないような職場も多くあります。そのようなところに個人宛に突然電話がかかってくれば、不思議に思われて目立ってしまう事もあるかもしれません。キャッシングの申し込みを職場に知られるのが困るのであれば、その事についてキャッシング会社に事前相談しておく事が必要になるでしょう。

 

在籍確認方法について相談する

消費者金融でのキャッシングは、必ず収入がある事が必須条件になります。ですから申込者はどこかに勤務しているなり、個人で営業しているなりの収入源があるはずです。ですが、申し込みの自己申告だけでは証明する事ができませんので確認する必要があるのです。

 

審査の在籍確認の目的は、申告のあった職場で申込者が本当に働いているのかどうかをきちんと確認するためです。つまり、その事が確認出来るのであれば、電話のみにこだわるわけではありません。最近は個人情報保護の観点から、相手も用件もよくわからない電話には答えない方針の会社もありますので、そもそも電話での在籍確認をしにくい場合もあります。

 

どちらにしても電話での在籍確認をしてほしくないのであれば、申し込みの段階でその事をキャッシング会社側に相談してみましょう。事前に用件を決めておいたり、同姓オペレーターからの電話を希望する場合などには、そのオペレーターの性別を選べたりと柔軟に対応してもらえます。

 

別の方法で在籍確認をする

銀行系カードローンなら、電話での在籍確認は必ずあるので職場にも用件がわかりますが、金融商品がどのようなものかまでは当然言わないので、キャッシングでも目的別ローンでも同じ扱いになります。一方、電話でなく他の方法で在籍確認をする事が消費者金融ならば可能です。

 

その場合には、書類での証明が必要になります。収入証明書や、直近の給与明細、会社の健康保険証や社員証など、会社に属している事が証明できる書類の種類は会社によって色々とあるので、どのような書類があればよいのかをキャッシング会社に相談してみましょう。

 

職場への在籍確認電話の心配がない個人事業主など、勤務先がない人については、申し込み時に確定申告書等の収入証明書が必ず提出を求められます。在籍確認は審査の際に行われるので、相談するならば申し込みの前に行わなければ間に合いませんので注意しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日